住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査は事前審査(仮審査)と本審査とがあります。
住宅ローンは消費者金融、クレジット カードのキャッシングなどと違い、審査の対象となる内容について厳密な審査が実施されます。
審査はまず、個人信用情報センターに申込者の信用調査を実施します。

申込者に多額のカードローン、ノンバンクなどの借金があると、審査に通らない結果となります。
住宅ローンには、銀行、労働金庫、JAなど金融機関は多数ありますが、審査の手順は同じようなものです。
一般的には事前審査に通ると本審査に落ちることは少ないです。

一方、住宅ローンの審査に落ちたら他の銀行、労働金庫などでも審査に落ちる確率は高くなります。
しかし、住宅ローンの審査に通る裏技のような方法はありません。
このサイトでは審査条件のゆるい銀行、審査に通りやすい銀行、審査が甘い銀行などの情報もあります。
また、住宅ローンの借り換え情報もありますので参考にして下さい。

住宅ローン事前審査とは?

住宅ローンの事前審査とは、カードローンや消費者金融のような審査が実施されます。
必要書類は源泉徴収表など事前に銀行から案内があります。
申込書を書いてから審査結果が出るまでは数日の日数が必要な場合があります。
事前審査(仮審査)に通ると本審査に通る確立は高くなります。

本審査との違いは、仮審査は借入れする本人の審査が主体になりますが、本審査では購入する予定の住宅も含めた総合的な審査になることです。
本審査では担保となる購入物件が重要になります。
借入者本人の審査内容が良くても、物件に問題があれば申込みは却下されることになります。

金額が高額であることと、審査内容が複雑であることから契約までの期間がかかるのです。
このようなことから、事前審査には通って、本審査には通らないといったことが少なからず起こります。

住宅ローン審査基準について

住宅ローン審査基準は、銀行、ろうきん、JAなどによって違います。
一般的にはJAは地元密着のため、審査は若干甘いといえます。
銀行では都市銀行よりも地方銀行が、さらに地元の信用金庫のほうが審査が通りやすいといえます。

住宅ローンの審査ポイントはいくつかありますが、審査に通過して融資を受けるには、審査基準を理解して審査ポイントを押さえる必要があります。
まず一番の審査ポイントは年収です。
住宅ローンには年収返済負担率というのがあって、たとえば年収が400万円未満ですと年収に対する返済比率は30%となっています。

年収をクリアしないと他の条件を満たしていても審査に通りません。
次に勤続年数、勤務先、居住地などが審査ポイントになります。
妻の年収、勤続年数、勤務先などの情報も審査の対象になります。

消費者金融カードのキャッシング金額が多いと審査に通らない確立は高くなります。
もちろん、債務整理などを過去に受けていれば審査には通りません。

おすすめの住宅ローン

最長35年、全期間固定金利の住宅ローンです。
こちらは銀行より低い業界最低金利ですね。
しかも保証料0円、最短3週間で融資、全国で取扱い可能です。
ネットで気軽に相談できるのでよく利用されています。



仮審査は最短で1日、物件の100%まで融資が可能と抜群のパフォーマンスです。
やはり外資系は違います。
転職が多い方や派遣社員、契約社員向けの住宅ローンがあるのはここだけです。
トップページに数人の例が載っていますが、最初の3人の例はごもっともです。
やはり、一般の審査基準はおかしいのでは??と考えさせられました。


住宅ローンで審査甘い銀行は?

審査が甘い住宅ローンのほうが借入れ金額も多くなる可能性が高いので、少しでも審査が甘いほうが何かと有利です。
銀行、ろうきん、JAなど金融機関はいくつかありますが、JA(農協)は既存の取引がないと難しいです。

銀行では都市銀行よりも地方銀行のほうが審査が甘いといえますので、地元に地方銀行があればそちらのほうがいいです。
地方銀行よりも審査が甘いところが信用金庫です。

信用金庫は基本的に地元の発展とか個人の支援など公的な役割もありますので、審査基準も若干甘いといえます。
住宅 ローンで銀行の審査に通らなかった場合でも、信用金庫の審査に通ることも多くあります。

住宅ローン仮審査

住宅ローン本審査の前の仮審査について、後

結果:仮審査に通れば、実際に本審査にかかる書類などを準備します。
日数:仮審査には数日程度必用です。
受付:事前に銀行の担当者に連絡しておいたほうがいいです。
期間:本審査結果までは一ヶ月くらい見ておいたほうがいいです。
複数回の審査:仮審査に通らなかった場合、他の銀行などでも通らない可能性は高いといえます。
在籍確認:勤務地の在籍確認は行います。

銀行の住宅ローン審査に通りやすくする方法

住宅ローンの銀行の審査基準は銀行によって違いがあり、審査に通りやすい銀行はあります。
住宅ローン審査の基本的な審査基準として、自営業は審査に通りにくいということがあります。
理由は収入が不安定だからです。
サラリーマンはその点有利で、継続的な収入が得られるという点で、審査には有利となります。

ただ、いくら審査に有利といっても転職を繰り返していたり、勤続年数が3年以下などの場合は審査が厳しくなります。
サラリーマンでも国民健康保険の場合は自営業と同等とみなされ、審査は厳しくなります。
住宅ローン審査で一番有利な職業は公務員です。
その理由は明白で、安定した収入が継続的に得られるからです。

このように職業によって審査が変わってくるのですが、審査が緩い銀行を選ぶとかなり有利になります。
は、審査に加えて金利や融資条件でかなり有利です。
借入れの相談がネットで気軽にできるので、悩んでいる人はまず相談ですね。

住宅ローンの審査に落ちた実例

実際に住宅ローンの本審査に落ちた体験談で一番多いのが、毎月の返済金額と収入の比率がオーバーしている場合です。
申込者の収入の返済に占める割合のラインがありますので、それを超えると審査に通らないことになります。
この場合は物件の購入金額を抑えることとができれば審査に通ります。

住宅ローンは一般のローンとは違い金額も高いので審査基準は高くなっています。
消費者金融などの借入れ金額が多かったり延滞、カードローンなどのカード事故、事故延滞や督促の履歴があれば住宅ローン審査には通りません。
延滞事故があって審査に通る銀行はありません。
(延滞とは約3ヶ月以上支払いがない場合で、個人信用情報センターに事故情報として登録されている場合を指します)

この場合の対処法は少なく、ブラックokのような金融機関はありません。
しかし、は、他の銀行の審査に通らなかった場合でも通る可能性はあります。

住宅ローンの審査期間

住宅ローン仮審査の期間は早くて数日程度かかります。
住宅ローン本審査の期間は仮審査より長くかかります。
申込者の状況によって違ってきますが、事前審査開始から本審査の結果が出るまでの期間は一ヶ月くらいかかると思ってください。

銀行、JAなどの金融機関によって期間は違いますが、それほど大差はありません。
融資までの最短は、の3週間です。

住宅ローン本審査ポイント

住宅ローンの事前審査(仮審査)が通過すれば次は本審査です。
(申込みから本審査結果までかかる日数は一ヶ月くらいです)
住宅ローン本審査の必要書類は、購入物件の契約書類などいくつか必要です。

本審査は住宅ローン本契約にとってひとつの山場です。
審査に落ちる事も少なくありませんので、結果がいつ出るのか?銀行から結果連絡があるまで気になりますね。
このサイトでは住宅ローンの本審査ポイントを解説します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。